センチメンタル

アルバムをコンスタントに売り上げるというのはシンガーにとって本当に
大変なことです。

平井堅は2000年の「Changing The Same」から2001年の「Gaining
Through Losing」、2002年の『Life Is...』と

3作連続でアルバムセールス100万枚を超えました。(3作トータルは
400万枚です)

その余韻を残して、平井堅ファンも待ち望み約2年ぶり6枚目のオリジナル
として発売された待望のアルバムが『Sentimentalovers』でした。
このアルバムも評判がよかったです。

このアルバムには90万枚を超える大ヒットになった映画「世界の中心で
愛を叫ぶ」の主題歌「瞳をとじて」や

アルバム先行シングルで本人主演が話題のTOYOTA CAROLLA FIELDER
のCMソング「思いがかさなるその前に・・・」

1人アカペラに挑戦した平井堅の意欲作で30万枚を超えるセールスを
記録している「キミはともだち」

その他にも平井堅が2年に渡り書き溜めてきた珠玉の楽曲が収録されています。

センチメンタルっていう言葉も平井堅の繊細な歌詞に合っているような
気がします。

「鍵穴」や「Jealousy」など気分がノリノリになる曲や、バラードも
バランスよく収録されています。

平井堅はアルバムへのコメントの中で

「センチメンタルっていう言葉というか、センチメンタルな感情が
好きだったり、

それが曲を書くモチベーションになったり、なのでセンチメンタルというのは、
ある種ぼくにとっては音楽を作る上で重要なキーワードなんです。

今回そういう曲をたくさん収録させたアルバムなので、タイトルに相応しい
と思いました。ラバーズというのは、それをもうちょっと人々に向けてという
気持ちを込めて、造語なのですが、“SENTIMENTALovers”にしました。」

と言っていました。


アルバム  SENTIMENTALovers  

1 思いがかさなるその前に…
2 Jealousy
3 言わない関係
4 君が僕に憑依した!!
5 瞳をとじて
6 青春デイズ
7 Style
8 Signal
9 鍵穴
10 Nostalgia
11 キミはともだち
12 センチメンタル