歌バカが誕生

平井堅は、1972年1月17日大阪府に生まれ、三重県で育ち、
横浜市立大学商学部を卒業しました。

デビューのきっかけになったのは、1992年のSony Music Entertainment
Audition 〜Breath〜に応募したことです。

シンガー”平井堅”のスタートは7500人の中からファイナリストに選ばれ
受賞したことから始まります。

その後、1993年からSony Recordsと契約し、作詞・作曲活動をスタートしました。

そして1995年5月13日「Precious Junk」(フジテレビ系ドラマ
「王様のレストラン」主題歌)でデビューし、

同年7月にはデビューアルバム「Un-Balanced」を発売します。
12月には初の全国コンサートを行います。

実力派ヴォーカリストとして注目を集めますが、目立ったヒット曲に恵まれず
ライヴを中心に地道な活動を続けていました。

今思えばこの頃のライブに行った方は小規模なステージで平井堅の歌を
じっくり聴くことが出来たと思いますので、貴重な体験が出来たでしょう。

1998年5月31日、7枚目のシングル「Love Love Love」が発売され、
この頃から一部のファンの間で人気が急上昇し、

平井堅に対する問い合わせが殺到するようになります。

そしてR&Bブームも追い風となり、デビュー5年目の2000年1月19日に
リリースされた8枚目シングル”楽園”がFMでのオンエアがきっかけで
大ヒットし、一気に人気アーティストの仲間入りを果たします。

続けて5月10日に9枚目のシングル「Why」を発売、オリコン初登場8位を
記録し、

6月にはN.Y アポロシアター「アマチュアナイト」に日本人初のゲスト出演
という名誉ある役割を果たすことになります。

その後はヒットを連発。2000年にリリースされたアルバム
「THE CHANGING SAME」が

オリコンアルバムチャート初登場1位を獲得し、男性R&Bボーカリストの
頂点に立ち、不動の地位を確立しました。

平井堅の第一の魅力は、何と言っても表現力が豊かな声質とテクニックに
裏づけされた歌唱力です。

彫りの深い顔立ちとはアンバランスな繊細な高音の歌声、音域の広さ、
広い表現力、歌唱力が聴く人を引き付けます。

また、日本人離れした端正な顔立ちと、身長183cmの容姿が
ステージ映えし、オーラを感じさせるシンガーです。

2001年10月に初めて日本武道館で公演を行い、感動の余りラストの
片想いの名バラード曲「even if」で感極まって泣き崩れ、

その時の涙の熱唱はファンの間でも平井堅の伝説的なステージとして
記憶に残っています。

歌詞 「哀歌(エレジー)」

平井堅の「哀歌(エレジー)」の歌詞は、平井堅が初めて女性の視点から
歌詞を書いたということもありますが、独特の世界があります。

今までの平井堅のバラードだと、さわやかで、温かみや、優しさが伝わり、
どことなくハートウォーミング的なもの感じる雰囲気の曲が多いように
思うのですが、

映画「愛の流刑地」の豊川悦司と寺島しのぶの2人が演じる禁断の
愛の世界を歌って、「哀歌(エレジー)」の歌詞は映画の内容とリンクし、

さらにマイナー調のメロディーラインと重なり、愛という言葉に重みが
感じられる気がします。

「哀歌(エレジー)」の歌詞やメロディーを聴くと、40代前後の方は
知っていると思いますが、

因幡晃の曲のイメージと重なりました。もし「哀歌(エレジー)」の歌詞や
メロディーが好きで,

因幡晃を知らない方は1度聴かれるといいかもしれません。
「わかって下さい」などはヒットしましたから聴けば思い出す人も
いると思います。

平井堅は洋楽的でオシャレな雰囲気のR&Bを得意とするイメージが
あります。もちろん、そのような曲も好きなのですが

平井堅は80年代の歌謡曲も好み、最近は歌謡曲的な雰囲気を感じさせる
曲を作っているような気がしますし、平井堅、本来のルーツは歌謡曲に
あるようです。

また「哀歌(エレジー)」のPVでは、上半身裸の平井堅が、苦悶の表情で
熱唱していて、そちらも話題になりました。

この曲の歌詞やメロディーは、どことなく昭和の雰囲気も漂う歌詞ですから
「哀歌(エレジー)」は40代〜50代の幅広い年齢層にも受け入れられて
いるのではないでしょうか。

平井堅の新しい魅力に触れることができました。

哀歌(エレジー)

「愛の流刑地」(あいのるけいち)は、渡辺淳一の長編小説です。

2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」
朝刊に連載され、その後2006年に幻冬舎から刊行されました。

以前は恋愛小説の旗手として脚光を浴びていたものの、新作が書けず
人気が下火になってしまった作家・菊治が    

ある日、女友達の紹介で、自分の作品のファンだという関西在住の人妻、
入江冬香と京都で出会います。そして恋に落ちていく・・・

かつては売れていた小説家と人妻との愛を描き、日本経済新聞連載中から
大反響を巻き起こした衝撃の問題作です。

平井堅が歌う映画の主題曲の「哀歌(エレジー)」は映画と共に話題に
なりました。

「哀歌(エレジー)」は「死んでしまいたいほど愛している」という
情念をつづった哀しく総大で激しいラブ・バラードで、原作と映画台本を
元に平井堅が書き下ろした楽曲です。

平井堅は2006年の夏ごろから曲作りを進めたようで、ヒロイン
冬香の描写に影響を受けた結果、初めて女性目線の楽曲になっています。

タイトルは100以上もの案があったようですが、「エレジー」という言葉の
雰囲気と実際の意味が曲にマッチしているということで決定したようです。

歌詞の内容も主人公の女性が”破滅の愛”にもがいているのに輝いている
激しく切ない内容を平井堅が書いています。

平井堅の歌い方も荒々しい感じで、今までの平井堅とは違う平井堅を
感じ取れると思います。

エレジーは歌詞も曲もいいですが、イントロもまた印象に残る出来に
なっていると思います。

また、ボーカルが入っていないヴァージョンも収録されていますが、こちらも
「哀歌(エレジー)」のタイトルのように哀愁漂う作品になっています。


●「哀歌(エレジー)」

1. 哀歌(エレジー)
2. Kiss
3. POP STAR 〜winter lover version〜
4. 哀歌(エレジー) 〜less vocal〜

君の好きなとこ 

平井堅の「君の好きなとこ」がエンディングで流れている日テレ系連続
ドラマ「演歌の女王」が3月17日の放送で最終回を迎えました。

男の残した借金を背負い、派手な着物姿で売れないのに歌い続ける演歌手
"大河内ひまわり"を演じる天海祐希が熱唱する「女のわかれ道」は、
切ない女ごころを哀愁漂うメロディーに乗せた堂々の演歌です。

これを作詞・作曲したのは平井堅で「歌バカ堅三郎」を名乗る謎の
アーティストとして曲を提供していました。
今後、平井堅は演歌にも進出するのでしょうか。(笑)

”歌バカ”と言うぐらいですから、可能性も0ではないと思いますが。
ドラマで天海祐希が歌った「女のわかれ道」は演歌でもド演歌という感じの
曲ですが

平井堅なら少し洒落た感じの演歌を作れそうですね、ポップス・プラス・演歌
みたいな曲ができそうです。

「演歌の女王」のエンディングの「君の好きなとこ」は逆に、さわやかで、
気持ちが温かくなれる明るいポップスでとても好きな曲です。

演歌歌手をテーマにしたドラマのエンエィングが軽快なポップスっていうのも
面白いですね。

でも平井堅は曲を作る前に、ドラマの1〜3話の脚本を読み込み
イメージを膨らませ「君の好きなとこ」を製作したということです。

サビの部分の「長いまつげ 人情ものに弱い」なドラマの主人公の
キャラクターに語りかけているような歌詞になっていますね。

「君の好きなとこ」がエンディングで流れるシーンが好きで、なんとなく
元気になれました。

ドラマは終わってしまいましたが、「君の好きなとこ」は印象深い曲でした。

織田裕二

人気者は本当に良くも悪くも噂が出ます。

ネット上で掲示板などいろいろ見ていると平井堅もやはり噂があって、
織田裕二と平井堅が結婚したという噂が流れたようです。

このような噂は芸能界では付き物ですから仕方ないですね。
私は思わず笑ってしまいました。

最初は誰が発信するのでしょうか、そちらの方が興味があります。
確かに織田裕二も平井堅も、これだけ人気がありながら独身ですから
いいネタにされてしまうのでしょう。

それに織田裕二も平井堅も女性との熱愛とか、恋愛とか噂がないので
余計にそのような話に展開されてしまうのでしょう。

俳優でも歌手でも独身でカッコイイ人はたくさんいますからホモだの
ゲイだのネタにされやすいのでしょう。平井堅は違うが織田裕二は
間違いないという噂もあるようです。(笑)

また、最近では”氷川きよし、平井堅”が噂になっているようですし
他の最新情報? では”福山雅治、平井堅”も噂になっているようです。

さらに目撃情報もあるようで、例えばバーで織田裕二と平井堅が仲良く
しているところを目撃されたとか、織田裕二はゲイバーに行っているのを
目撃されたという噂もあるようです。

でも中には「単に男友達と居るほうが気楽なのでしょう。
それに男なのに、女ばっかりと居る男って魅力ないです。」
と言われいるファンの方の意見もあるようです。

確かに普通の人でも男同士、女同士で食事をしたり、お酒を飲んだりするのは
日常的に普通にありますからね。

織田裕二もいい役者ですし、平井堅もいいシンガーです。
ファンの人は織田裕二の演技を、平井堅の歌を純粋に楽しみましょう!

センチメンタル

アルバムをコンスタントに売り上げるというのはシンガーにとって本当に
大変なことです。

平井堅は2000年の「Changing The Same」から2001年の「Gaining
Through Losing」、2002年の『Life Is...』と

3作連続でアルバムセールス100万枚を超えました。(3作トータルは
400万枚です)

その余韻を残して、平井堅ファンも待ち望み約2年ぶり6枚目のオリジナル
として発売された待望のアルバムが『Sentimentalovers』でした。
このアルバムも評判がよかったです。

このアルバムには90万枚を超える大ヒットになった映画「世界の中心で
愛を叫ぶ」の主題歌「瞳をとじて」や

アルバム先行シングルで本人主演が話題のTOYOTA CAROLLA FIELDER
のCMソング「思いがかさなるその前に・・・」

1人アカペラに挑戦した平井堅の意欲作で30万枚を超えるセールスを
記録している「キミはともだち」

その他にも平井堅が2年に渡り書き溜めてきた珠玉の楽曲が収録されています。

センチメンタルっていう言葉も平井堅の繊細な歌詞に合っているような
気がします。

「鍵穴」や「Jealousy」など気分がノリノリになる曲や、バラードも
バランスよく収録されています。

平井堅はアルバムへのコメントの中で

「センチメンタルっていう言葉というか、センチメンタルな感情が
好きだったり、

それが曲を書くモチベーションになったり、なのでセンチメンタルというのは、
ある種ぼくにとっては音楽を作る上で重要なキーワードなんです。

今回そういう曲をたくさん収録させたアルバムなので、タイトルに相応しい
と思いました。ラバーズというのは、それをもうちょっと人々に向けてという
気持ちを込めて、造語なのですが、“SENTIMENTALovers”にしました。」

と言っていました。


アルバム  SENTIMENTALovers  

1 思いがかさなるその前に…
2 Jealousy
3 言わない関係
4 君が僕に憑依した!!
5 瞳をとじて
6 青春デイズ
7 Style
8 Signal
9 鍵穴
10 Nostalgia
11 キミはともだち
12 センチメンタル

もらい泣き 一青窈

平井堅のファンの人なら多分、知っている人は知っているチョット有名な
話です。

”トリビアの泉”という番組で”一青窈(ひととよう)”のヒット曲
「もらい泣き」の速度を80%の再生スピードにして聞くと声が平井堅に
なるという話です。すでに知っている人も多いでしょう。

平井堅に関するブログやホームページなどネット上でも話題になる
話の1つのようです。

私もたまたま、その時の放送を見ましたが、たしかにソックリ!でした。

ソックリというか、知らずに聴けば、平井堅が一青窈の”もらい泣き”を
カバー曲にしたと思ってしまうのではないでしょうか。

そのぐらい似ていました。いや似ている、というより平井堅そのものでした。
少なくとも私はそう感じました。

関心したのは、これを発見した人ですね。たまたま偶然に解ったことなのか、
調べてみて解ったのかは知りませんが、世の中、面白い人もいるものです。

また逆に平井堅を120%のスピードで再生すると今度は一青窈になり
再生する曲によっても違いが出るようで、ポップスターとか面白い感じに
なるそうです。

更に更に全楽曲をもっとスピードを遅くすると鈴木雅之になるそうです。
面白いですね〜。調べる人が凄い!

当の本人たちはどのように感じているのでしょうか?
一青窈や平井堅にインタビューしてみたいですね。

また平井堅とは関係ありませんが、山下久美子の歌を遅くすると山下達郎に
山下達郎を速くすると山下久美子になるそうです。

こういうことは本当なのか単なる噂なのか、解りませんが微笑ましい話で
いいですね。

方程式?です(笑)一青窈×80%=”平井堅”、平井堅×120%=”一青窈”です。

時間と興味がある人はいろいろな曲で試してみて下さい。
フリーソフトで再生スピードを変更できるソフトもあるそうです。


Ken's Bar(ケンズバー) アルバム

平井堅が98年から定期的に続けてきたアコースティック・ライヴの
ケンズバー(Ken's Bar)は

バーのマスター扮する平井堅が選曲したBGMをバックに、お酒や食事をしながら
生演奏とトークを楽しめるライブバー形式で行われるコンサートです。

ケンズバーも初期は目黒にあるジャズのライヴハウスで、小じんまり
地味目に行われていたようです。今では貴重ですね。

何かのインタビューで平井堅が

「昔のほうが放ったらかしっていうか、ヘンテコリンな曲も相当やってました。
平気でトシちゃん(田原俊彦)の“ハッとしてGood!”とか歌ってました。

だけどあの時は僕が見てもわかるぐらいお客さんが引いてましたけどね。」
と言っていたようですが

アイドル歌謡から、ジャズのスタンダードまで、洋邦ジャンル問わず、
平井堅がお気に入りの楽曲をケンズバーでは取り上げてきました。

そのケンズバー(Ken's Bar)の5周年を記念して発売とされたアルバム
「Ken's Bar」が2003年12月10日に発売されました。

このアルバムは平井堅自身の曲はもちろんですが、彼が影響を受けた
アーティストの曲をアコースティックの編成でカバーしています。

これまでの平井堅のオリジナルのアルバムとはひと味違うアルバムに
なっています。

お酒を飲みながら、このアルバムを聴くと、自分の部屋が”ken's bar”に
なるのでは・・・

カバー曲なので、平井堅をあまり知らなくても老若男女を超えて多くの人が
楽しめるアルバムではないでしょうか。

このアルバムも60万枚を超えるヒットを記録しました。
そして永く愛されそうな作品でもあると思います。


坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」や「You've Got A Friend」
「Lovin' you」「THE ROSE」などの名曲も収録されています。

曲名を聞いてもピンっとこなくても、聞いたことのある歌ばかりだと思います。

シンプルな演奏なので、歌唱力が問われると思いますが、このアルバムを
聴くと改めて、平井堅の歌の上手さを感じてしまいます。

歌バカ

”歌バカ”というタイトルがいいですね、まさに平井堅にピッタリって
いう感じです。

数多くのアルバムを出している平井堅のデビュー10周年を記念して
2005年11月に発売されたシングル集です。

初のベスト・アルバムで、200万枚を超える大ヒットになりました。

1995年から2005年にかけてリリースしたシングル23曲を
集めた2枚組で、大ヒット・シングルの数々が、まとめて聴けてしまう
贅沢なアルバムです。

平井堅をこれから聴いてみたいとか、シングルで発売された曲をまとめて
聴きたい人に特にいいと思います。

デビュー曲の「Precious Junk」はドラマの主題歌となり10万枚の
ヒットになりましたが、

それから5年近く売れない時期があったというのが不思議な感じが
してしまいます。

平井堅がブレイクするキッカケとなった”楽園”以降の曲はお馴染みですが、
それ以前に歌われた曲も、じっくり聴きなおしてみるにもいいアルバムですね。

初期の平井堅に触れることができます。

きれいなメロディーラインのバラード曲やファンキーなポップ・ナンバーまで
楽しめます。

例えば1曲を上げると、初期のバラードの名曲”横顔”などはファンサイト
などでも人気がある曲で、愛しい人に対する切なく苦しい気持ちを
歌っています。

「初期の平井堅を知らない方は、まずはこのシングルを買ってください。」
と言っている方もいるようです。

またPVでは声の響くホールのステージの上で1人で唄っているようで、
平井堅の美声が引き立っているようです。


●”歌バカ” 収録曲

[Disc 1]〈1995-2000 WORKS〉
01,Precious Junk
02,片方ずつのイヤフォン
03,横顔
04,ドシャブリ
05,Stay With Me
06,HEAT UP
07,Love Love Love
08,楽園
09,why
10,LOVE OR LUST
11,even if

[Disc 2]〈2001-2005 WORKS〉
01,Miracles
02,KISS OF LIFE
03,Missin' you〜It will break my heart〜
04,Strawberry Sex
05,大きな古時計
06,Ring
07,LIFE is...〜another story〜
08,style
09,瞳をとじて
10,キミはともだち
11,思いがかさなるその前に…
12,POP STAR

瞳をとじて、大きな古時計など

平井堅の名曲を上げたらキリがありませんが、1部ですがポイントとなる
曲をいくつか上げてみます。

「Precious Junk」
1995年5月に発売された平井堅の記念すべきデビュー曲です。

”王様のレストラン”というドラマの主題歌に使われ、オリコンチャートは
最高50位になりました。

平井堅に限らず、デビュー曲というのは、どんな歌手にとっても愛着があり、
ヒットする、しないは別にして大切な曲です。

「楽園」
2000年1月に発売された8枚目のシングルです。テレビコマーシャルに
女優の江角マキコが出演し話題を呼び大ヒットしました。

平井堅の認知度が高くなったのがこの”楽園”です。この歌で紅白歌合戦にも
出演しました。

実力派ヴォーカリストとして地位を築き、一気に人気アーティストの
仲間入りを果たすキッカケになった曲で、

実力に人気が追いついたと感じた曲です。

「大きな古時計」
2002年8月に発売された曲です。曲は誰でも知っている米童謡の
「大きな古時計」のカバー曲です。

曲は古くから知られているのですが、爆発的ヒットとなりました。
平井堅が歌ったので大ヒットになったのでしょう。

また自身初のオリコン1位に加えて、4週連続1位を記録しました。

「瞳をとじて」
2004年4月に発売されたこの曲は映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の
主題歌に起用されて大ヒットし、

男性ソロでは13年ぶりとなるオリコン年間1位を記録しました。

「POP STAR」
2005年10月に発売されたこの曲はフジテレビ系ドラマ
「危険なアネキ」の主題歌に起用されました。

平井堅としてはバラード以外の楽曲では初の首位獲得となった曲です。


以上シングルで発売された曲ですが、アルバムも名盤を出しています。
またジャズのスタンダード曲だけを集めたアルバムなんか聞いてみたいです。

他にも洋楽のカバー曲やcmソング、テレビドラマの主題歌に使われた
曲も、まだまだ数多くの代表曲があります。